純銅製 抗菌ボール 21cm
純銅製 抗菌ボール 21cm
純銅製 抗菌ボール 21cm
純銅製 抗菌ボール 21cm
純銅製 抗菌ボール 21cm
純銅製 抗菌ボール 21cm
純銅製 抗菌ボール 21cm
純銅製 抗菌ボール 21cm
純銅製 抗菌ボール 21cm
純銅製 抗菌ボール 21cm
純銅製 抗菌ボール 21cm
純銅製 抗菌ボール 21cm

純銅製 抗菌ボール 21cm

6,050
(118point)

↑ ↓

SOLD OUT

  • 純銅 抗菌ボール 21cm型

    ■寸法:直径230 × 高さ110(mm)
    ■箱サイズ:W240 × D240 × H115(mm)
    ■容量:3.2L
    ■材質:純銅
    ■表面:素銅仕上げ(抗菌力を高めるため、無塗装)
    ■製造:日本製 新潟県燕市

    伝統銅器の老舗、新光堂の製品です。
    素銅仕上げの深い桃色が美しい、ハイグレードな調理用ボウル。
    調理機器としてはかなり高価ですが、それだけに銅ならではの種々の効果が詰まった品です。

    まずは他の銅製品の項でもご紹介させて頂いている、銅のイオン作用による抗菌機能。
    以前に世間を騒がせた大腸菌O-157をはじめ、レジオネラ菌や、
    ヌメりの原因となるカビなどの発生を抑え、除菌までしてしまう銅の効果は、
    特にお湯をよく使用する方の場合や、夏場の調理において大変重宝します。
    しばしば余りがちな鰹や昆布の出汁も、そのまま鍋に入れておくと傷みやすいものですが、
    銅製ボウルごと冷蔵庫保管しておくことで、次の出番まで長持ちさせておくことができます。

    次に銅といえば、極めて高い熱伝導率。
    ボウルを氷水や保冷剤につけると、わずか数秒後に結露が起きるほど瞬時に冷えます。
    温度管理と調理速度が味の決め手となる、生野菜やお魚を用いた冷菜の完成度を上げるとっておきの道具となります。
    常温のままでは鮮度が落ちて香りが抜けがちな、擦り薬味や刻み薬味などを保つ際にも役立ちます。

    そして……これを機能と呼んでいいのかは分かりませんが、
    素銅仕上げの色合いは、なんともいえず良いものです。
    品のあるマットな光沢は、サラダなどを盛ってそのままテーブルの上へ配膳してもレトロでおしゃれです。
    定期的にお手入れをして、鮮やかな深桃色を保つ使い方。
    暦の歩みとともに、徐々に土色を帯びる変化を楽しむ使い方。
    味ある調理器具をお探しでしたら、宜しければ一度お試し下さい。

    なお、同じデザインで容量の異なる21cm型、24cm型、27cm型の純銅ボウルがございますほか、
    それぞれのボウルに対応する大きさで、水切り穴のついた純銅 穴開きボウルもございます。
    どうぞ合わせてご覧下さい。
     

    金属加工で有名な新潟県燕市にあって、その伝統と歴史に重ねるさらなる研鑽、最新加工技術の導入、美しいデザインの追及に日々邁進し、数々の素晴らしい銅食器を世に送り出してきた新光金属さん。
    その銅器の優れた造形性や配色、食のプロをして選ばしめるその機能性は国内外に評価が高く、「上島珈琲」や「コメダ珈琲」、その他数多くのバーや洋食店が新光さんの銅器を採用しているのは知る人ぞ知るお店の味の秘訣です。

    『くらしの道具にこそ、本物を』

    昭和34年の創業より現在まで貫き続けているその精神は、日本のものづくりを根底から支えるにふさわしい、まさに「いぶし銅」の輝きをたたえています。

    古くなるほど味が出る、だから常に新しい。
    本物の銅器の使い心地を、ぜひご堪能ください。


    お確かめ頂きたいこととお願い
    ・決して電子レンジで温めたり、直接火にかけたりしないで下さい。
    ・表面にクリアラッカー塗装を施していない素銅の製品は変色いたします。
    ・水気の多い場所での使用は緑青も発生いたします。
    ・緑青は無害ですので煮炊きする製品でなければそのままお使いいただいて結構です。
    気になるかたは「酢」と「塩」を混ぜ布に付けて磨きますと簡単に取れますので、この方法で処置してください。
    ・上記のような変色作用はサビではなく、銅自体が自らを酸化から保護するためにつくりだす被膜です。 上記の通り塩を入れたお酢、または銅専用クリーナーで磨いて頂ければすぐに元の色合いに復帰しますが、そのまま使い込んで頂いても純銅器の色合いの変化をお楽しみ頂けます。
    ・こうした経年変化も純銅製ならではの味わいとお考え頂き、末永くお使い頂ければ心より幸いでございます。