• トップ
  • ダイニング
  • 【メール便対応】茶杓のようなスパチュラ アフリカンブラックウッド / 木工作家 工房kusukusu 工芸作品 木工細工 /銘木 希少木 こだわり 手作り 作品 作家 天然木 削り出し 無垢 木べら / 高級で美しい木の魅力を伝える、ハンドメイドのおしゃれでかわいい木製カトラリー。
【メール便対応】茶杓のようなスパチュラ アフリカンブラックウッド / 木工作家 工房kusukusu 工芸作品 木工細工 /銘木 希少木 こだわり 手作り 作品 作家 天然木 削り出し 無垢 木べら / 高級で美しい木の魅力を伝える、ハンドメイドのおしゃれでかわいい木製カトラリー。
【メール便対応】茶杓のようなスパチュラ アフリカンブラックウッド / 木工作家 工房kusukusu 工芸作品 木工細工 /銘木 希少木 こだわり 手作り 作品 作家 天然木 削り出し 無垢 木べら / 高級で美しい木の魅力を伝える、ハンドメイドのおしゃれでかわいい木製カトラリー。
【メール便対応】茶杓のようなスパチュラ アフリカンブラックウッド / 木工作家 工房kusukusu 工芸作品 木工細工 /銘木 希少木 こだわり 手作り 作品 作家 天然木 削り出し 無垢 木べら / 高級で美しい木の魅力を伝える、ハンドメイドのおしゃれでかわいい木製カトラリー。
【メール便対応】茶杓のようなスパチュラ アフリカンブラックウッド / 木工作家 工房kusukusu 工芸作品 木工細工 /銘木 希少木 こだわり 手作り 作品 作家 天然木 削り出し 無垢 木べら / 高級で美しい木の魅力を伝える、ハンドメイドのおしゃれでかわいい木製カトラリー。
【メール便対応】茶杓のようなスパチュラ アフリカンブラックウッド / 木工作家 工房kusukusu 工芸作品 木工細工 /銘木 希少木 こだわり 手作り 作品 作家 天然木 削り出し 無垢 木べら / 高級で美しい木の魅力を伝える、ハンドメイドのおしゃれでかわいい木製カトラリー。
【メール便対応】茶杓のようなスパチュラ アフリカンブラックウッド / 木工作家 工房kusukusu 工芸作品 木工細工 /銘木 希少木 こだわり 手作り 作品 作家 天然木 削り出し 無垢 木べら / 高級で美しい木の魅力を伝える、ハンドメイドのおしゃれでかわいい木製カトラリー。
【メール便対応】茶杓のようなスパチュラ アフリカンブラックウッド / 木工作家 工房kusukusu 工芸作品 木工細工 /銘木 希少木 こだわり 手作り 作品 作家 天然木 削り出し 無垢 木べら / 高級で美しい木の魅力を伝える、ハンドメイドのおしゃれでかわいい木製カトラリー。
【メール便対応】茶杓のようなスパチュラ アフリカンブラックウッド / 木工作家 工房kusukusu 工芸作品 木工細工 /銘木 希少木 こだわり 手作り 作品 作家 天然木 削り出し 無垢 木べら / 高級で美しい木の魅力を伝える、ハンドメイドのおしゃれでかわいい木製カトラリー。
【メール便対応】茶杓のようなスパチュラ アフリカンブラックウッド / 木工作家 工房kusukusu 工芸作品 木工細工 /銘木 希少木 こだわり 手作り 作品 作家 天然木 削り出し 無垢 木べら / 高級で美しい木の魅力を伝える、ハンドメイドのおしゃれでかわいい木製カトラリー。
【メール便対応】茶杓のようなスパチュラ アフリカンブラックウッド / 木工作家 工房kusukusu 工芸作品 木工細工 /銘木 希少木 こだわり 手作り 作品 作家 天然木 削り出し 無垢 木べら / 高級で美しい木の魅力を伝える、ハンドメイドのおしゃれでかわいい木製カトラリー。

【メール便対応】茶杓のようなスパチュラ アフリカンブラックウッド / 木工作家 工房kusukusu 工芸作品 木工細工 /銘木 希少木 こだわり 手作り 作品 作家 天然木 削り出し 無垢 木べら / 高級で美しい木の魅力を伝える、ハンドメイドのおしゃれでかわいい木製カトラリー。

2,850
(49point)

↑ ↓

SOLD OUT

  • 茶杓のようなスパチュラ 2本セット - アフリカンブラックウッド -

    ■サイズ:幅16 × 長さ129 × 厚さ9(mm)
    ■素材:アフリカンブラックウッド
    ■産地:東アフリカ
    ■比重:1.20
    ■重さ:6g(1本)
    ■製作:東京都大田区

    2本のセットです。
    シンプルな形は茶杓を意識してつくりました。
    ディップなどで使うスパチュラ(ヘラ)としてつくりましたが、使い道はいろいろ。
    ジャムやマスタード、マヨネーズ、豆板醤など何でも、食卓で大活躍してくれます。
    コーヒースプーンやアイスクリームスプーンとしてお使いいただいてもよいと思います。

    素材のアフリカンブラックウッドはローズウッドの仲間です。
    ホンコクタン(本黒檀)が伐採禁止になっているので、現在流通している中でもっとも黒い材です。
    艶やかで光沢があり、奥光する非常に美しい材です。
    比重が約1.20なので水に沈みます。
    材は硬く組織が緻密で、持った時の滑らかな感触と存在感はとても心地いいと思います。
    普段の生活の中で使っていただき、その魅力と価値を是非感じて下さい。
    きっとご満足いただけると思います。

    堅く丈夫な材質のためメンテナンスをしっかりやっていただければ、10年、20年と永く使い続けることができます。
    木の素材感(木目や色)を生かすために植物オイルと蜜蝋ワックスで仕上げています。
    天然由来のため食品衛生上も安全です。

    自然素材によるハンドメイド制作のため個体差が生じる場合がございますが、素材選びから完成に至るまで1点ずつ大切に制作しておりますので、ご理解いただきますようお願い申し上げます。

    この他にもピンクアイボリー、アフリカンブラックウッド、ペクイア、チンチャン(手違紫檀)、ムラサキタガヤサン、ボコテ、キングウッド、シマコクタン、タモ、柘植(ツゲ)、パオロサなどを用いた作品があります。
     

    工房kusukusu 鈴木國義

    20年間木工制作を続けていましたが、2015年に工房kusukusuを立ち上げ木工作家として歩み始めました。もともとの専門は彫刻です。
    現在、アフリカ、東南アジア、中南米などの世界の美しく魅力的な木材を使ってカトラリーやヘアアクセサリーを制作しています。
    私が最も好んで使用するのはコクタンに代表される比重1.0以上(水に沈む)の重く硬い木です。硬さ故に加工は容易ではありませんが、強さを保ったままシャープな形をつくることが可能です。また組織が緻密なので、金属のような光沢と滑らかな感触を得ることができます。

    カトラリー・アクセサリーなどのデザインでは
    ・自然の動植物が持つ生命的なライン、有機的な形
    ・有機的でありながら機能性も重視したシャープな形
     をめざしています。

    普段の生活の中で使っていただくことで、木の魅力を感じていただければと思っています。


    ご確認頂きたいこととお願い
    ・材木の入手状況次第では、作品をお届けするまでに数か月間お待ち頂く場合もございます。どうかご了承下さい。
    ・洗う際は、スポンジに洗剤をつけやさしく洗った後、水洗いして水気をふき取って下さい。
    ・食洗機には入れないで下さい。
    ・表面に光沢がなくなったら、つばき油、オリーブオイル等のオイルか天然由来のワックスを塗って、布で乾拭きして下さい。
    ・表面がザラついたら360番→600番のサンドペーパーで磨いてから、オイル等を塗って乾拭きして下さい。
    ・削りから磨き上げまですべてが手作業のため、表記のサイズとはわずかな誤差が生じる可能性がございますが、これも手づくりの良さとお考え頂き、末永くお使い頂ければ心より幸いでございます。








  •  

茶杓のようなスパチュラ 2本セット - アフリカンブラックウッド -

■サイズ:幅16 × 長さ129 × 厚さ9(mm)
■素材:アフリカンブラックウッド
■産地:東アフリカ
■比重:1.20
■重さ:6g(1本)
■製作:東京都大田区
 

アフリカンブラックウッド【マメ科ツルサイカチ属】
すこし前まで「アフリカ黒檀(こくたん)」と呼ばれ、実際に黒檀のように扱われていた、アフリカ南東地域で産出される稀少な材。
現在では樹種に関する分類が見直され、黒檀といえばカキノキ科の数種類に限るという区分に従って、マメ科のアフリカンブラックウッドは黒檀とは認識されないそうです。
ところが実はこのアフリカンブラックウッド、なんと植物学の分類では、紫檀やチンチャンなどと同じ「マメ科ツルサイカチ属」。つまりこんなに真っ黒なのに「ローズウッド」の仲間なのです。しかも、それなら性質が中途半端なのかというと、お店によっては本黒檀やアフリカ黒檀の通称とおなじ「真黒(マグロ)」という呼び方で販売しているほどきれーーいに真っ黒。しかもカキノキ科の本黒檀よりも密度が高く、ひたすら黒く、硬く、重いという特殊な性質を持っています。
そんなおかしなアフリカンブラックウッドは、その名の通りアフリカのモザンビークやタンザニアにかけて広がるサバンナや林が出身の樹木。古来から現地の人々の手で木彫りの像や装身具に加工されてきました。日本においては本黒檀とともに輸入され、同じように算盤(そろばん)や数珠などに用いられてきました。硬さや質感が向いているということで、オーボエやクラリネットの管体などにも用いられています。
現在ではその希少さのため、大きな木材の形ではほとんど流通していないそうです。
まるで金属のように硬くて重いのに、丁寧に磨き上げた表面の質感は、指で触れても、舌に触れても当たりがするっと繊細で滑らか。そしてかすかに花のような香りのするエキゾチックな銘木です。
  •    

東京都大田区、馬込の一角にある工房kusukusu(クスクス)さん。
かれこれ30年間以上にわたって木工工芸の教師として彫刻を教えてきた鈴木國義さんが、お一人でデザイン・製作を手掛けています。
専門的な木工芸術の知識や技術を伝える傍ら、ご自身でも作品を作り続けていた鈴木さんですが、なんでも江戸木彫りの職人さんのちょっとした一言が、それまで蓄え続けたイメージをついに作品と一致させるきっかけになったそうです。
その言葉とは―――


「道具は使うからこそ、その形になる。」
 


 

「工芸作家さんの作品」というと、いかにも意味深長で、少しとっつきにくいものを想像する方もいらっしゃるかもしれません。
ところが鈴木さんの作品は、とっつきにくいどころか、それぞれが手に吸い付くような、触れた手が一度で覚えてしまうような感触を持っています。
動物や植物のもつ曲線と、実用的で鋭利な線が、カトラリーやかんざしのなかにぎゅっと濃縮され、一見すると単純なのに、まじまじと見つめるほどにその複雑さに驚く、不思議なかたち。
見る目に美しい膨らみや起伏が、手に持つと心地良いことにも気が付く、思わず2+2=5と言いたくなるような姿と触感の工夫が凝らされています。
 

ツゲや黒檀、タガヤサンといった押しも押されぬ銘木から、ボコテやペクイアのようなあまり知られていない良質な木まで、鈴木さんが見繕った十数種類の緻密で重い木から、kusukusuの作品は生まれます。
中南米やカリブ海諸島、アフリカ、東南アジア、そして日本。
古来よりそれぞれの産地で工芸品や楽器などに用いられてきた魅力的な材ばかりですが、輸出量の制限や生育数の不安定さ、そして乾燥加工の難しさから、どれも現在では高価で希少になっているものばかりです。
 

産地も歴史も異なる木々、それぞれが秘めている風合いと良さを活かすために、最適なかたち。
ある木は川床で磨かれた石のように硬く、ある木は張りつめた弓弦のように堅く、またある木は時間の止まったカスタードのように固い。密度の高い木に固有の「かたさ」を楽しむために、しっくりくるかたち。
良いペン軸やお箸にも共通する、載せた指自体がそのバランスを楽しんでいるかのような、遊びのある重み。最初は軽く、だんだんと意識されるにつれ手に伝わってくる、そんな木の「重さ」を味わえるかたち。
まるで眠っていた角材の中から、作品の姿につられて、木そのものの色や体温まで表に現れるかのようです。
 


スプーン、バターナイフ、蛇のかんざしに、鳥の姿をしたかんざし―――
どれも最初からこの形だったのではなく、姿と手触りの一致を求める試行錯誤の末に辿り着いたそうです。
実際にこれまでの試作品をいくつか手に取らせて頂きましたが、現在の形に比べるとその差は歴然。目が納得しないと不思議に手も納得しないということが、試作品に触れるとたしかに実感できます。

そうして行きついた線と曲と円、一様ではない、変化に富む形状をひとつの角材からあらわす作業工程は、複雑どころか、いたってシンプルな力技。
電動糸鋸で材のサイズを整え、型紙に沿って鉛筆でアタリを描き、万力でがっしりと固定。
そしてそこから先は、彫刻刀とハンマーを使って、ひたすら目測と手の感覚で削り出してゆきます。
 


ゴリゴリ、バキバキ、ものすごい音。
万力ごと机が震えて、床に立っている足まで振動が伝わってきます。乾燥させたあとでも水に沈むほど比重の重い、ぎっしりと密度の高い木を用いた作品をあまり見かけない理由がよく分かります。加工があまりに難航するため、数を作ることができないのです。
それでも木が好きで、かたい木がもっと好きな鈴木さんは、気難しくて癖のある、だからこそ滑らかに美しく仕上がる木を選びます。
その木の美しさと質感を、あるものは図形的な美しさに、あるものは動物、植物、そして人間がもつ自然な起伏や曲線に託して、日常の中で使うことで味わえるようなかたちに表現します。
 

形が出来あがっただけでは、まだ完成ではありません。
目の細かい紙やすりを使って全体を丁寧に磨き上げることで、最後の魔法が起こります。
それまで白っぽくくすんでいた表面にだんだんと色が出て、艶が出て……
そして最後に蜜蝋を塗り込むと、まるで息吹を与えられたように木が鮮やかに発色するのです。
 

ああ、だからこんなにかたい木を選ぶんだ、だから木が好きなんだ―――

一見風変わりな曲線。
機能性を備えたシャープな線。
そして丁寧で滑らかな表面の仕上げ。
最後には「その木の良さを味わえる形」という静かな感覚に収束していく、すこし不思議な体験。


「道具は使うからこそ、その形になる。」


木を愛する木工作家が辿り着いた、姿と手触りの魔法をどうぞご覧ください。